2013-11-25(月) | -- (permalink)

1章が割りとすんなり終わったものだから、少し油断していた。2章からは分量も問題数も随分多くなりなかなか終わりそうにない。大体2章の60%ぐらいが終わったから、備忘録も兼ねてこの辺りで感想をまとめておこう。

ところで、Edsgar Dijkstraの言葉にこのようなものがある

Being abstract is something profoundly different from being vague… The purpose of abstraction is not to be vague, but to create a new semantic level in which one can be absolutely precise.(「Best Programming Quotations」より)

抽象的であることと曖昧であることは全く違う。 抽象化の目的は、曖昧にすることではない。 抽象化は、新たなセマンティックレベルを創出し ...